【完結済】読んで損なし!おすすめの恋愛・ラブコメ漫画

こんにちは、みなずきりん(@rin70632)です。

こちらの記事では、10年来のサブカルオタクの私が選んだ完結済み恋愛・ラブコメ漫画を、極力ネタバレ無しでご紹介。

どれもこれも最高の作品のため、ランキング形式ではなくおすすめといった形で記事にしてあります。

是非ともこちらの記事を参考にして、胸がときめくようなマンガを探してみてください。

※本ページの情報は、最終更新時点のものです。随時更新中ですが、誤り等ございましたらコメント欄または私のtwitterにてご連絡願います

広告

読んで損なし!おすすめの恋愛・ラブコメ漫画

恋は光

作者 秋★枝
既刊 7巻(完結)
出版社 集英社
同作者の作品 煩悩寺 など
購入リンク Amazon  楽天Kobo

(※画像・あらすじ引用元Amazon

あらすじ

「恋の光」が視えてしまう大学生・西条は、恋を探求する女の子・東雲に恋をした──。

視えるからこそ切なくて苦しい。今までにないラブストーリーが始まる。

私のレビュー

現実でも、恋をしている人というのはキラキラして見えるものです。主人公の場合は、それが物理的に見えるというもの。

主人公達はその特異な能力を通し、「恋」とは一体何なのかを突き詰めていきます

その過程で展開される、4人のメインキャラクターたちの複雑な人間模様、恋模様が描かれる作品。

eBookJapanで試し読み

猛禽ちゃん

作者 阿久井真
既刊 6巻(完結)
出版社 小学館
同作者の作品 青のオーケストラ など
購入リンク Amazon  楽天Kobo

(※画像・あらすじ引用元Amazon

あらすじ

夢見る少女が繰り広げる、猛禽系ハートフル“ラブ”コメディー!!「猛禽るい」は、ちょっと不思議な女の子。

首が180度回ったり、高い木から飛び降りても平気だったり…。そんな彼女にも、とある悩みがあるようで…。

ほのぼのとした日常の中に、衝撃展開ありの新感覚ラブコメディー!!

私のレビュー

1巻でやめず、とりあえず2巻までは読んでいただきたい。なぜかと言うと、1巻は壮大なプロローグで2巻以降巻を増すごとに面白くなっていくためです。

主人公の”るい”は、笑顔は苦手だけどとっても優しい少女。少女はある日、もう1人の主人公”遊”という少年に出会います。

二人は同じバイト先で交流を深めつつ互いに惹かれていくわけですが、るいには特殊な事情があり、のちに重大な決断を迫られることになる……。

一気に最終巻まで読みたくなっちゃう漫画です。

eBookJapanで試し読み

久住くん、空気読めてますか?

作者 もすこ
既刊 8巻(完結)
出版社 スクウェア・エニックス
同作者の作品 微妙に優しいいじめっ子 など
購入リンク Amazon  楽天Kobo

(※画像・あらすじ引用元Amazon

あらすじ

学校一のモテモテ女子高生・佐倉えりか。

クラスでは「高嶺の花」として扱われ、羨望のまなざしを受ける彼女だが、最近は空気を読まない地味男子・久住くんが気になる様子で…。

決して交わることのない二人が恋に落ちたとき、片想いはギャグへと変わるっ!

私のレビュー

最初はギャグ漫画かと思いましたが、読み進めていくとちゃんとラブコメしていますのでご安心を。

ものすごく恋の進展スピードは遅いですが、そのじれったさがページをめくる手を動かします

どちらかといえば少女漫画寄りですが、男性の方でも十分に楽しめる作品です。

eBookJapanで試し読み

寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。

寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。1巻表紙
作者 原作:三秋縋 漫画:田口囁一
既刊 3巻完結
出版社 集英社
同原作者の作品 いたいのいたいの、とんでゆけ など
購入リンク Amazon  楽天Kobo

(※画像・あらすじ引用元Amazon

あらすじ

毎日を無気力に過ごしていた青年クスノキは、ある日寿命を買い取ってくれる不思議な店の噂を耳にする。

金に困って寿命の大半を売り払った彼は、余命3か月を「監視員」のミヤギと共に過ごすことになるが…。

三秋縋の人気小説「三日間の幸福」を完全コミカライズ。

私のレビュー

自分の価値は一体いくらなのだろうか?現実では考えても答えのない問いなのですが、この作品には明確な回答が存在します。

主人公”クスノキ”の価値、1年につき1万円。タイトルの通り、この価格でクスノキは残りの寿命30年を売り払い、代わりに30万円を得ることに。

それと一緒についてきた監視員”ミヤギ”。

幸せとは何なのか?クスノキは残された3ヶ月を彼女とともに過ごす中で、その答えを見つけます。

クスノキとミヤギの関係性が変化していく様子が私は大好き。ただ同時に、どうしようもない切なさを感じます。だってリミットがあるんですもの。

私の稚拙な語彙力では表現できませんが、何か大事なものを得ることができた、そんな気持ちになれる1作です。

eBookJapanで試し読み

おとなのほうかご

おとなのほうかご1巻表紙
作者 イチヒ
既刊 4巻完結
出版社 KADOKAWA
同作者の作品 西王子くんに告白されました。など
購入リンク Amazon  楽天Kobo

(※画像・あらすじ引用元Amazon

あらすじ

仕事帰り、こんなご褒美があれば明日も頑張れるのに…といったエピソードを切り取った、クセだらけの成人男女たちによる日常ショートコメディ!

私のレビュー

友達以上恋人未満な複数組のキャラクターたちによるラブコメディー。

先生と生徒や女子高生と強面のおじさんなど、個性に富んだ組み合わせなのでいつも新鮮な気持ちで読むことができます。

ドロドロ展開などは一切なく、時おりクスッとしながら彼女たちのやりとりを楽しめる作品。

おとなのほうかご(意味深)であることから、いかがわしい内容を期待した方には残念な健全な漫画です。

え?そんなのお前だけだろって?そうでしたすみません。

eBookJapanで試し読み

うたかたダイアログ

うたかたダイアログ1巻
作者 稲井カオル
既刊 3巻完結
出版社 白泉社
同作者の作品  -
購入リンク Amazon  楽天Kobo

(※画像・あらすじ引用元Amazon

あらすじ

とあるショッピングモールのドラッグストアでアルバイトをする高校生、宇多川と片野。

部活で全国優勝を目指したり、胸を焦がすような恋愛をしてみたり、不思議な力を使って世界を救ったり、異世界に召喚されて魔王を倒したり…そんなドラマとは一切無縁な二人の高校生活。

基本的には無駄口を叩いているだけですが…それが、何だかとても楽しいんです。

私のレビュー

チャラ男ど真ん中ような見た目だけど、実はめちゃくちゃピュアな男子高校生”片野”。

それに対する”宇田川”は、言葉をオブラートに包むということを知らないサバサバした女子高生。

片野は宇田川に惚れているのですが、彼は基本的にヘタレで残念で思わずツッコミを入れたくなります。

当の宇田川は片野の気持ちなどつゆ知らず、普通の人だったら心折れるような痛恨の一撃を、次々と片野にブチ込んでいきます。

が、片野はびっくりするくらいポジティブで、むしろ好意なのではと勘違いする始末。片野の恋路はいかに……。

あと作者の言葉のチョイスが最高で、キレッキレでテンポの良い会話劇も楽しむことが出来る1作です。

eBookJapanで試し読み

あかいろ交差点

あかいろ交差点1巻表紙
作者 ひのなつ海
既刊 3巻完結
出版社 一迅社
同作者の作品 この恋は深見くんのプランにはない。など
購入リンク Amazon  楽天Kobo

(※画像・あらすじ引用元Amazon

あらすじ

君を知ったら、運命になるのだろうか。

一年前の入学式での出会い以来、蒔田恵太は、大原たまきになぜか拒絶され、避けられ続ける日々。

二年生で同じクラスになったことをきっかけに、意を決してたまきに理由を問い詰める恵太だったが、彼女の口から飛び出したのは予想外すぎる告白だった……。

私のレビュー

主人公”蒔田恵太”はコミュ力が高く、人に嫌われるようなことは今までほとんどありませんでした。

そんな彼をなぜだか避け続ける”大原たまき”。

思い切って理由を尋ねた恵太に、彼女はこう返すのです。「赤い糸でつながっているの」と。

なんだそのメルヘンな回答はと最初は私も思っていたのですが、どうやら彼女には本当に赤い糸が見えるのだそうです。

そんなものに運命を決められてたまるかと、わざと恵太を避けツンケンしていた彼女。

ですが、恵太の優しさやいくら拒絶されてもめげない彼に、たまきは少しずつ心を開いていきます。

どんどん可愛くなっていくたまきには、ニヤニヤしっぱなしです。私含めツンデレ大好きマンにはたまらない作品。

eBookJapanで試し読み

夏の前日

夏の前日1巻表紙
作者
 吉田基已
既刊 5巻完結
出版社 講談社
同作者の作品 水の色 銀の月 など
購入リンク Amazon  楽天Kobo

(※画像・あらすじ引用元Amazon

あらすじ

甘く切なく擬(もど)かしい、ふたりの長い夏の前日。

――日吉ヶ丘(ひよしがおか)芸術大学4年生・青木哲生(あおき・てつお)。月下(げっか)画廊店長で、和服が似合う大人の女性・藍沢晶(あいざわ・あきら)。

突き動かされるように体を繋げた一夜から、激しくも拙い恋愛が始まる――。

私のレビュー

美しい水彩画のような表紙にふと目を惹かれ購入しました。

本作品は同作者による作品『水の色 銀の月』の前日譚にあたる物語なのですが、先に本作品を読むことを個人的にはおすすめします。

時系列順ということありますが、『水の色 銀の月』を読んでから本作品を読み始めると、読んでる途中に展開を察し心えぐられるからです。

理由は読めば分かるとしか言いようがありません。(両作品はきっと平行世界なんだ、そうに違いない)

それはともかくとし、二人は絵を通して出会いあらすじの通り恋が始まるわけですが、付き合うこともなく好きと言うこともない、いびつな関係が続いていきます。

そしてそんな関係が続く中で彼”哲生”は……。

大人の女性を魅力たっぷりに描く画力も手伝って、作中へとどっぷり浸れる1作です。

eBookJapanで試し読み

終わりに

いかがでしたでしょうか。皆さんの漫画ライフの助けとなれたら嬉しいです。

今後も、作品の追加など随時更新していきたいと思っております。

また、皆さんのおすすめ漫画などご意見ご感想ありましたら、記事下のコメント欄または私のtwitterまでご連絡いただければ幸いです。出来るだけ速やかに回答いたしますので、どうぞお気軽に。(ネタバレコメントはお控えください)

ここまで読んでいただいて、ありがとうございました。

それでは、また。

広告